インテル・ミラノ

インテル・ミラノの概要


インテル・ミラノ

インテル・ミラノは1908年に創設された、イタリアのミラノを本拠地とするサッカークラブです。ホームスタジアムは”スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ”。

イタリア1部セリエAに所属しており、リーグ優勝は18回、コッパ・イタリア優勝は7回です。また主要な国際タイトルにおいてもUEFAチャンピオンズリーグとUEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)を3回ずつ優勝しており、国内においても世界においても文句無しの名門クラブです。

近年では一時的に経済的な理由から低迷していましたが、2013年11月にインドネシアの実業家エリック・トヒルが買収したことで潤沢な資金が使えるようになり、復活の兆しを見せています。また2010/11シーズンの冬の移籍市場で日本代表の長友佑都選手が加入しました。